パーキンソン病ケアプログラム 口コミと実践談

詳細はこちら>>クリック

     

貴方は、ご自分がパーキンソン病のこんな症状で

毎日、生活するのにやっとの状態・・・

私はただの家族のお荷物に過ぎないのでは・・・

そして家族はと言うと

介護するのに精一杯で私の方ががおかしくなりそうです…

どうやって接して行けば良いのか分からない…

とお悩みではありませんか?

それでも・・・・

薬に頼る他はどうしようもない ので毎日数種類の薬を何年間も飲ませているのに

良くなるどころか逆に悪くなる一方・・・なので

「もう、パーキンソン病って一生治らないんだ・・・・」

「この介護生活は死ぬまで続くんだ・・・・」

等と思っていませんか?

薬に対する依存度を今一度見つめ直す良い機会かもしれませよ。

そこで

辛い症状を薬や病院に頼り切る事無く自宅でドーパミンを効果的に増やしていき

パーキンソン病の症状を緩和し根本治療を行っていく事ができる

パーキンソン病ケアプログラムの口コミと実践談をご覧になって、ご購入の参考にしてください。

     

パーキンソン病ケアプログラムの口コミ

     

パーキンソン病ケアプログラムの実践談

     

コップで牛乳を飲む事や自分の箸でご飯を食べられるように!

認知症(要介護1)の母(84歳)が昨年の秋に脳梗塞を発症して入院しました。

幸い部分的な後遺症はなかったのですが、動作が全体的に緩慢になり要介護3となり、

それまでは食事を作る以外の身の回りの事は自分で出来ておりましたが、

昨年末に退院後は、

歩行、食事等の全てにおいて、見守りや補助が必要になってしまいました。

3月初めには軽い脳梗塞を2、3回発症し、寝たきり寸前の状態となってしまいました。

担当医からは、「レポドパ」等のパーキンソン病の薬剤の効かない症状と言われており、

「溺れる者は藁をもつかむ」の心境で「克服プログラム」を入手し、

毎朝と寝る前に顔モミ等のツボ刺激を継続しておりました。

最近になって、自分でコップで牛乳を飲むことや

箸を使ってご飯を食べることが出来るようになってきましたし、

顔の表情改善や言葉もはっきり言える様になってきました。

本当に感謝してもしきれません。ありがとうございます。

     

いかがですか?

まだまだ沢山の口コミと実践談がありますが、ここではこれ以上書けません。

このノウハウは、1015人がパーキンソン病の症状を改善した実績のある方法で

小学生にでも出来る簡単な3つの事を1日たった5分間行うだけなので

家族の負担も減り、家族全員笑顔でパーキンソン病の症状を

ケアして行くことができますよ。

そして

わずか1週間、2週間と続けて行くうちに自然と

「あれ?何だか調子がよくなってきたな」と実感し

辛い幻覚症状や聴覚症状も足のだるみも段々と和らいでくるので

もう、家族の不安もなくなり、ふるえもなくなり、食欲も出てくる事で、

足取りもしっかりと歩行できるようになるので

本来のありのままのあなた戻り

健康的な体で毎日元気いっぱいに過ごせるようになれますよ。

気になりましたら、詳細はこちらより詳細をご覧ください。

詳細はこちら>>クリック